すっぴんに自信アリ。

ライスフォースで手に入れたお肌は、さしずめ『ライス肌』とでも言いましょうか(笑)。
お肌に自信が持てるようになると、なんだかファンデーションを使うのがもったいなくなります。せっかくきれいなお肌なんですから、紫外線予防に、日焼け止めを塗る程度でも良くなってしまいます。逆に、「みんなに見てほしい、このお肌〜っ!」とばかりに、すっぴんに近い状態で外を歩きたくなります。だって、私のお肌、きれいでしょ〜、って(笑)。今まで、素肌に自信がなくて、厚塗りしていた頃がもったいなかったな、って思うはずです。お肌を人間に例えるなら(?なぜ人間に例える、という疑問はさておき)お肌のキメが整列して、静かにお肌の上で並んで座っている感じとでも言いましょうか。はたまた、お肌がスーハースーハーって酸素を十分に吸っている感じとでも言いましょうか。
余計なものはとにかく付けたくないっ!って気分になります。だって、ピカピカのライス肌、杜氏の手にも負けないライス肌なんですから、私!こんな気持ちになるのは、何年ぶりでしょうか!?こんな気持ちになってみたくありませんか??すっぴんで人前に出るのが怖い、どころか、見て見て!私のお肌!ですよ〜!